FC2ブログ
土曜日は、父の88歳の誕生日でした。
さあ、お祝いと実家に到着すると、父の92歳になる姉の訃報。
翌日は、伯母のお通夜となりました。
読経の後、ご住職が宗派の蓮如の白骨の章を読み上げてくださいました。

それ人間の浮生なる相をつらつら観ずるに、凡そはかなきことは、この世の始中終、幻の如くなる一期なり。されば、いまだ万歳の人身を受けたりということを聞かず。一生過ぎやすし。今に至りて、誰か百年の形体をたもつべきや。我や先、人や先、今日とも知らず、明日とも知らず、おくれ先だつ人は、本の雫、末の露よりもしげしと言えり。
されば、朝には紅顔ありて、夕には白骨となれる身なり。すでに無常の風来たりぬれば、すなわち二つの眼たちまちに閉じ、一つの息ながく絶えぬれば、紅顔むなしく変じて、桃李の装いを失いぬる時は、六親眷属集まりて、嘆き悲しめどもさらにその甲斐あるべからず。
さてしもあるべきことならねばとて、野外に送りて、夜半の煙となしはてぬれば、ただ白骨のみぞ残れり。あわれというも中々おろかなり。
されば、人間のはかなきことは、老少不定のさかいなれば、誰の人も早く後生の一大事を心にかけて、阿弥陀仏を深くたのみまいらせて、念仏申すべきものなり。

深いです…
ここに至るまでに…
私は、まだまだ。。。

でも、信心や宗派を超えて、その根底にあるものは、同じかもしれない

私は、念仏…を唱えるまでには至らないが、
後生の一大事を心にかけて生きよう❤️生きなきゃ❤️と、心の中で呟いてた✨


Secret

TrackBackURL
→http://ashiyaasoboclub.blog106.fc2.com/tb.php/730-16dab93c