6年生の算数の時間
分数の計算…
その子の学力にフィットさせて問題を導きやすいように工夫しながら進める
計算順序も規則正しく
ある種、ベルトコンベアに乗せられた製品つくりのように…
スイスイ進む
なんだか目の色が変わってきて、姿勢も背筋が伸びてき
一問目、クリア、二問目、三問目、
算数教諭にアイコンタクト
皆と並んで一問目を黒板に発表!

すごい!すごい!!
心地よい達成感を感じている…(私は、それが一番大事!だと感じている)

一息入れ、授業が終わると表情が戻る…
(学習の定着、難しいからなあ…)

言葉をかける
「次に忘れていてもね、絶対無駄にならないから!!この時間、一所懸命、頭を動かすことが大事なんだよ!きっと、役に立つから!!」
「先生、本当?」
「うん、本当!!」

算数教室から教室へと戻る後ろ姿は、生き生きと自信に満ちている

私の目指すインクルーシブな時間…ひとりひとりを大切にする時間です。


2016052911325790f.jpg
<二年生 ある日の算数の時間 より>




Secret

TrackBackURL
→http://ashiyaasoboclub.blog106.fc2.com/tb.php/698-a492cfbe