FC2ブログ
以前勤務していた学校のオープンスクールに行ってきました。

帰りには、思いがけない嬉しいサプライズのおみやげが…君からです。
2016020311384523f.jpg

私の宝物が増えました
この日もなかなか授業に入ろうとしなかった君でしたが
「⚪︎ちゃん、久しぶり、どうした?授業だよ、入ろう^^」と、声を掛けるとごく自然に授業に入ることができました。
こんな簡単に支援ができれば言うことありませんが いつもは、そう簡単には行きません(笑)
私と⚪︎ちゃんとは、人間同士の信頼関係が構築されていたからだろうと思います。
昨年度までの三年間の日々がありました…


私が指導するに当たり一番大切にしていることは、決してその子を裏切らないことです…

何度も何度も繰り返し 子どもの思いを感じ、共感します。
まずは、その子の意を感じ添います。

そのかかる時間は、子どもよってさまざまで
その子の生育環境によっても、現在置かれている環境、性格、知能…によっても

その子の意を探り、共感できれば
次は、こちらの意とすることとの折り合いをその子と二人で探ります。

少しづつ、決して焦らず、ゆっくり…
そして学習につなげるわけですが もうすでに共感のやりとりから学習は、始まっているのです。

子育ても同じですね…
何度でも
親は、子を決して裏切らない…
しかし、それは、親が子の決していいなりになるというのではありません。
親は、子どもの意を大きな懐で一旦どっかりと抱えてあげてほしい

そしてそこから始まるのです




Secret

TrackBackURL
→http://ashiyaasoboclub.blog106.fc2.com/tb.php/682-e2650ff9