FC2ブログ
3月23日 第37回全日本こども美術大賞 特選の表彰式がありました。
image_20130324161418.jpg
おめでとう〜
彼女は、絵を描くのが大好きです!
特選のこの作品も彼女が一気に描いた姿を私は、覚えています。
そうそう、絵の中の一番のお気に入りは、絵の右上に描いたクリスマスツリーって教えてくれましたね!!

展覧会は、相変わらず…子どもの作品から子どもの顔が浮かんでくる作品よりは、指導者の顔が浮かんでくるような作品が多くあるように感じます。
絵を審査する大会なのですから、ある程度作品としての完成度を目指せば指導者の顔が見え隠れ!?するのは、仕方のないことなのかもしれません。
子どもの描いた絵に優劣をつける…意味のないことです。
しかし、この大会へのエントリーは、私にとっては、子どもの絵というものを確認するためのものかもしれません…

また、一年を通して絵を描いた子どもにとっては、
優劣関係なく、何かの励みやきっかけの一つになればいいと考えています。
運良く、入選した子どもにとっては、
お父さま、お母さまと一緒に受賞会場に足を運んだこと…
そのことが思い出となって
将来のたくさんの頑張りにつながって行くのだと信じています…

今年は、この二作品が特選でした。
image_20130324161709.jpg

他の応募の作品に比べ、一気にのびのびと描きあげた作品です。
手前味噌ではありますが、幼児の絵は、あまりいじくらない!!あしやあそぼくらぶ<おはなしかいが>の子どもたちの描く絵がどの絵より素敵に感じるのです!!!
ならば、指導者は、何を指導するのか…?
それは、描く前に心を揺らすことにある…と、考えている私です。
絵を上手に描く為の教室ではない!あしやあそぼくらぶ<おはなしかいが>は、そういう教室です



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://ashiyaasoboclub.blog106.fc2.com/tb.php/501-8ad3e76b