FC2ブログ
masa先生は、幼稚園の園長先生です。(ブログ・幼児教育あれこれ)ブログを通してだけのお付き合いですがいつもコメントを頂く度に励まされ勉強させていただいています。
と、言うのは、あしやあそぼくらぶの活動や私の記事を論理的に整理しながら感想や意見をコメントに下さるからです。お恥ずかしい話ですが幼児教育に大切なものは、十分承知しながら実践しているのになかなか論理的に整理し上手く説明に繋がらないのが私の弱点なのであります
下記は、うさぎとカメ にたとえながら前回の記事「それは愚かなことです」に頂きましたコメントです。
あしやあそぼくらぶのブログをご覧くださる皆さんにも是非、読んでいただきたく記事の中に記載させていただきます。(masa先生、断りなくすみませんが御了承くださいませ。)

比較の虚しさ
> こんばんは。
>
> うさぎと亀、比較すべき対象でないのに。
>
> また、はやく、はやく、と急き立てていることが、なんと多いことか
>
> 教育の世界、教育者も保護者も、「早さ」「獲得した量」に価値をおいている、そんなギスギスした姿がいっぱい見えてきます。
>
> おっしゃるように、比較するのではなく、(あえて比較するのでしたら、他との比較でなく、自己の過去との比較)、それぞれの立場で見守りたいですね。
>
> ゆっくりと「歩み」それで見えてくる世界もいっぱいあるのですから。
> 教え込まれて「早く」「たくさん」獲得するのでは、いずれ消えてしまうでしょう。
> ゆっくりとでも、感覚に基づきながら、自分の世界の一部にしていったものは、なかなか消えません。今は卒園直前、園児の姿や行動を見ていると、つくづくそう感じます。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://ashiyaasoboclub.blog106.fc2.com/tb.php/497-7e9235fd