FC2ブログ
今日で私の一学期の小学校勤務が終わりました
明日から私は、一足早く・・・夏休みです

と、思いながら一息ついて夕飯のあとウォーキングにでかけました
もう9時になるなあ・・・と少し急ぎ足で歩いているとマンションの前に男の子がグローブを持ってポツンと座っていましたなんとなく気になったので・・・
「野球の練習しているの?」と、声をかけると
「鍵を家の中に忘れてはいられないの・・・」我慢をしていたのでしょう・・・なみだ目で答えが返ってきました
よくよく聞くと男の子は、マンションに住んでいるのではなく隣の戸建の子どもでマンションの明かりを頼ってその軒下でお母さんの帰りを待っていたようです。
私の携帯電話でお母さんにかけますが応答なし、お母さんは、仕事とのことでしたのでその子の家の前に張り紙をして私の家で待つことにしました。
幸いすぐに電話が入り、男の子を送って行きました。
男の子は4年生でした。

送る途中・・・またこんな困ったことがあったらおばちゃんの所へおいでよ!!と話しました。

こんな希薄な近隣の付き合いの中で育っているんだなあ~ということになんだかがっかりしたし、何より大人も子どもに声をかけないという・・・そういう社会なのかなあ?
私の住んでいる地域は、小学校も私学に通う子が多いです。また、公立小も以前のように厳しい学区制ではないので今日の子は、隣の学区の小学校へ通っているようなのです。そういう子は、近所に友達がいないのですね・・・もちろん頼る大人も・・・

地域で子どもを育てましょう!!とよく放課後パトロールしてくれている車を見受けますが・・・
もっともっと小さな社会の個人個人の意識を高めなくてはいけないような気がします

また、子どもを育てている家庭では、近隣ともっとコミュニケーションをとる努力も必要かもしれません
一学期間の感想を綴ろうと思っていましたが、今日はこれでおしまいにします・・・。
それから、ブログを初めて約二ヶ月が経ちました。
なかなかこの文面に自分の考えや感じたことを端的に伝えるということは難しいなあというのが正直な気持ちです。
いつも読んでくださっている方ありがとう


Secret

TrackBackURL
→http://ashiyaasoboclub.blog106.fc2.com/tb.php/40-b074aca1