FC2ブログ
今年最後のレッスンが終わりました。

土曜日は、“あしやあそぼくらぶ”・・・

どうしたのかしら・・・来春、幼稚園に通われるお母様方は、なんとなく落ち着かない様子でレッスン中の私語が目立ちました
これは、とても残念なことであるとともに、指導者としても多く反省することがあるのかもしれません・・・。
私たちの姿勢がお母様たちにきちんと伝えることができていないのだということを真摯に受け止め今後に活かそうと思いました。

そしてもうひとつ、前にも記事にしたことがありますが、人にものを教わるということは、その指導者に何らかの敬意を表すことも必要です。
お金を支払っているのだから・・・と、平気で1万円札をポンと差し出す方もいらっしゃいます。子どもの前でお金の授受も気になります。
昔のようにわざわざ新札で!!とまでは、いいません。それでも、いつもきちんと新札で用意をしてくださる方には、こちらも嬉しく、気が引き締まる思いがします。

教育を提供するということは、とても難しいことです。生徒や保護者は、お客さまということになりますが、決して“お客さま”にしては、いけないからです。お客さまにしてしまうと 本当に伝えなければならないことを言えなくなってしまうからです・・・。フランチャイズの幼児教室の立ち上げの仕事をした時にそれを痛いほど学びました・・・。(立ち上げを終えるとすぐに退かせて頂きました。企業は、生徒をお客さまにしなければ成り立たないのです。)

小さな小さな“あしやあそぼくらぶ”は、親子で育む教室である!!と、いうことを私自身がもう一度、肝に銘じて、少々申し上げにくいこともお母様方にもお教えさせていただきたいと思います。
心を育てるということは、こちらも真正面から心を込めて伝えなければならないと自分自身に改めて言い聞かせます。

一番大切な幼児期の大切な時間、大切なお子さんのご教育の一端を担わせて頂いているのだという責任と自負を深く心して来年に向かおうと思っています。

それにしても子どもの笑顔は、最高の喜びです!!楽しかったの一言が励みであり、私たちの何にもかえがたい報酬なのです。
“あしやあそぼくらぶ”をどうぞよろしく御願いします










Secret

TrackBackURL
→http://ashiyaasoboclub.blog106.fc2.com/tb.php/334-3dee80c4