FC2ブログ
失敗は、成功のもと!と、言うけれど・・・

近頃の子どもたちは、幼いうちから失敗を恐れる・・・私の想像以上に
親もなるべく達成感や自己肯定感を育もうと・・・失敗させない、ともすれば近道ばかり・・・
それは、そう
だって親は、子どもの笑顔が一番好き・・・なんだもん

これは、前回のちゃんの作品
縺昴i・露MG_0982_convert_20110929205051そらいろのたねから指導者・板倉恵美

勿論!!失敗!なんて思わない。少なくとも私も親もお友達も・・・きっと・・・上手だよ♪
だけど、その日の帰りのちゃんは、いつになくご機嫌ななめでパパに甘えて駄々をこねて泣いていた・・・

この日、お庭に空色を見つけに出たの・・・
お空は、きれいな空色だった・・・
お部屋に戻って先生が
「空色作ろう~」って
私、空色を作りたかった・・・だけど、いつの間にか雨の日のお空みたいになっちゃった・・・

そういう気分で帰ったのかもしれない・・・

そして、今日!!ちゃんの顔は、なんとも晴れやかだった
kake縺ッ繧九°_convert_20111009203638ケーキを作ろう 指導者・高橋功子
前回と同じく個人持ちの絵の具を使用した。

テーマも指導者も違う
作品の良し悪しではなく・・・
この日のちゃんは、満足気だった
4歳女児なりの美的感覚とフィットしたかな・・・
ちゃんは、
今日は、黄色を一番に使ったよ、
筆をきちんと洗っていたなあ
なんだか慎重だった・・・
きっと綺麗にしたかったのだろうなあ~
今日は、暗い色にはしたくない!そういう意気込みさえ感じられた表情は、真剣!!

こんな風に幼い子どもの中にも葛藤に近い心の動きがあるのです
決して失敗ではないにせよ本人にとっては、なんだかすっきりしないこと
けれど、自らで解決できたとき
本当の達成感を味わうことができる

私は、幼子のコツコツと取り組んでいるちゃんの姿に勉強させてもらった
元来、怠け者の私だから余計に心に響くのか・・・

暗い色を使う子どもは○○だ!っていうけれど・・・
幼児の生きた活動をじっと見ていると偶然に暗い色になってしまうこともある
子どもをじっと見つめる
時間をかけて見守る
そういう根気が指導者には(親にも)必要で
そうしていることで子どもの本当の姿が見えてくる、
見逃さない・・・

あしやあそぼくらぶ<おはなしかいが>の時間は、上手な絵を描かせるための時間ではありません。

失敗を成功とするまでの長い時間、大切な時間
時間も我慢も思考も必要なんだなあ・・・まずは、楽しいと感じながらねっ!
強い心もいるだろう・・・応援しているよ、いつもね!
そして、失敗を成功のもととできるような人となってほしいと願っている


Secret

TrackBackURL
→http://ashiyaasoboclub.blog106.fc2.com/tb.php/318-23de5b13