FC2ブログ
愛情を量ることは、できません

けれど・・・親の愛情を量ることができて、同じ量の愛情をそれぞれの子どもたちに注いでみたら

すぐに愛情いっぱい受け止め、溢れるくらいの愛を感じる子どもと・・・

兄弟、姉妹であっても

まだ足りない!!と感じる子どもと・・・

そうですね・・・きっと、愛情を受け止める容量がみんなそれぞれ違うのでしょう・・・
その容量をたとえばコップに見立てるとすれば・・・
ひょっとしたら、ビールのジョッキとカクテルグラスくらい違うかも~  と 

兄弟だから同じようにしているのに・・・親にとってやりやすいとかやりにくいとか・・・
どうして?と感じる親御さんは、少なくないかもしれません

そういう時は、差別でも区別でもなく、甘やかすのでもなく
もう、いっぱいになったよって・・・聞こえるくらいまで、あなたが感じるまで注いであげてください
急がずゆっくり年月をかけてね・・・

同じ親から生まれているのに不思議ですね、
でもそれが個性なのですから
大切に育んであげましょうね

愛情で満杯の子どもは、きっと優しい人になると思います


暑い時期の子育て大変ですね・・・頑張りすぎず頑張ってくださいね。
実は、保育園のお手伝いを体験しています。
久しぶりに自分の“子育て”を思い出すとともにキレイ事!!じゃないぞ!!と、日々のブログの記事に責任もたなきゃって感じの私です!!
応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://ashiyaasoboclub.blog106.fc2.com/tb.php/266-037a1eaf