FC2ブログ
たったこれだけに続いては、

《むやみにほめないこと!と、声をかけるタイミングをつかむこと!!》

子どもは、褒めて育てましょう!!と、言われていますが
むやみに褒めて逆に子どもの集中を中断してしまってはいないでしょうか?
無心に積み木を積んでいる最中に
「○ちゃん、すごいね!!高く積んだね!上手!!!」などなど・・・・

過干渉的!?なタイミングの悪い声をかけて
逆に子どもの考える機会を失わせてはいないでしょうか?
黙々と遊んでいる最中に
「○ちゃん、何を作っているの?」
「こっちに大きな四角いのがあるよ!!」などと子どもに迫る・・・

子どもの遊んでいる姿をじっくり見守っていると(観察)褒めるタイミング、声をかけるタイミングがわかります

遊びの中でその子ども自身の“工夫”や“頑張り”を見つけることができます
その工夫によっては、見守りを続ける(子どもが見て~♪と言った時にその工夫や頑張りを褒める)
または、工夫の活動の終わった子どもの達成感なる空気を読んだそのタイミングで褒める!!

ご自分は、べらべらしゃべっていて
ついでに子どもを褒めていたのでは・・・子どもの本気に失礼というもの・・・
ママ友との楽しいおしゃべりも思いっきりどうぞ
だけど、緩急つけて 子どもの本気!?を見逃さない!!そういう時間も大切にしていただきたいと思います

またの機会にお話したいと思いますが、
たとえば文字のお稽古の最中も同じです。
数字のお稽古のときも同じです。

とにかく、気のない むやみに褒める!は、止めましょう
Secret

TrackBackURL
→http://ashiyaasoboclub.blog106.fc2.com/tb.php/242-ff043c3a