FC2ブログ
久しぶりに映画を観てきた・・・“八日目の蝉”

最後のシーンで誘拐犯である女性が叫ぶ・・・
「この子は、まだご飯を食べていないんです。よろしくお願いします。」と、・・・
誘拐犯の女性は、生後半年の子どもを誘拐し4年間に亘りその子どもを育てる・・・
誘拐犯でなくても・・・

我が子を初めて抱き育てる母親の姿は、ぎこちない

映画の中の子どもとの生活は、非日常的ではあるが
私は、この最後のシーンの母親(あえて母親としておく)の言葉が彼女が母親になった!!と、感じた。

私自身の遠い子育ての始まりを振り返ると それはぎこちなかった・・・
乳房を我が子に含ませるのが精一杯であったように記憶している
遠い記憶から子育てをゆっくり振り返ったとき
映画の女性の言葉が私の心に深く沁みた・・・

子育ての第一関門は、ミルク、そして睡眠、排泄・・・
育児の最初の一大事は、食べること、寝ることであったことを思い出してほしい・・・

乳幼児の“食べる”という行為を安易にはしていないだろうか・・・
寝ることに対しても排泄にたいしても・・・
それらは、人間にとっての生きるための基本である

基本をおろそかにはできない!!

何時にご飯を食べさせるのか?
何時に就寝させるのか?
いつオムツをはずすのか?

現在の私たちのライフスタイルは様々で
その時間や時期、やり方もそれぞれであろう
しかし、その基本をおろそかにはしないでおこう

生きることを真摯に伝えよう
基本的な生活習慣を確立してやることが
オムツをしたままお稽古事に日参するより・・・
ずっとずっと・・・大切であるのです

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村




Secret

TrackBackURL
→http://ashiyaasoboclub.blog106.fc2.com/tb.php/238-ac3cd0bc