FC2ブログ
私は、“子育て”と、いう言葉があまり好きではありません・・・
子を産み育てるという偉業を一言で呼んでほしくない!!そんな気持ちになるからです。
でも多くの方々の共通語である“子育て”という言葉をタイトルに使いました、悪しからず・・・

昨日は、“あしやあそぼくらぶ”の活動日でした。
先月は、“あそぼフェスタ”でゲストのお友達も沢山参加してくださったので賑やか過ぎて・・・
今月は、少しゆっくりと本来の活動に戻したいと思っていました。
でも、嬉しいことに体験希望の親子さんが2組も参加され またまた賑やか・・・

6月の“あしやあそぼくらぶ”は、想定外!?のてんやわんや♪♪♪と、なりました。
このてんやわんや状態からレッスンと名のつく!?活動に戻すお役目は、私・・・必要なものは・・・

緩急です!!
緩急宜しきを得る!!という感じかな♪

多くのお母様を見ていますとレッスンの活動の途中でみんなと同じ活動をしないご自分のお子さんに
大きな声で制止の言葉をかけられています!!
それは、体力の無駄遣い!?と、いうものかもしれません!!
どんな大きな声も子どもの心には、聞こえないからです。

少しお母様自身が子どもさんのそばに歩み寄り、優しい声で声をかけ促せば・・・
子どもはえっ?なになに?楽しいの~?ってみんなの方にやってくるはず。
(それでも来ないには来ない理由があるはずですがそれはまたあらためて)
*小さな子どもの指導が円滑でない教師も同じ!自分は同じ場所で大きな声ばかり張り上げていることが多いなあ~

みんなと同じでないことも良い!!みんなと同じであることも良い!!

ほ~ら、みんなと一緒も楽しいね、
みんなと同じだから楽しいこともある
縺ゅ♀繧?縺励&繧点convert_20110605093213
6月あしやあそぼくらぶ《あおむしさんのお散歩》より

緩急をつけるということを体感していく子どもは、遊びや学習も積極的になります。それは、静の先の楽しさを知っているから。静の先とは、動であり、意欲的な学びです。
親も緩急をつけて子育てすると子育ては、もっと楽になり楽しくなります。
生活そのものに緩急をつけメリハリをつける生き方は、きっと楽しいはず♪(メリハリは、決して気分のムラとは違います・・・)
子どもに振り回される子育てにさようならをしてみませんか♪

あ~~私も岩城先生にとっても楽しいあそぼくらぶの一日でした♪

Secret

TrackBackURL
→http://ashiyaasoboclub.blog106.fc2.com/tb.php/228-93b8a09e