FC2ブログ
6月17日 尼崎のあんぱんまん学級におじゃましました。

元気!元気!!
感度良好の子どもたちに少々オーバーな表現をするとすれば・・・

将来の日本もまだまだ捨てたもんじゃない
と、本気で感じました。
日本の未来は、明るいです

ありがとう
たくさんの元気を私自身が君たちにもらっていますね。


子どもの瞳はいつもきらきら・・・
でも、心が動いた時、瞳はもっと・・・もっと瞬時に輝きを増します。
私は、いつもこの輝く瞳を独り占めしては申し訳ない・・・と思っています。
そう、一番見てほしいのはその子のお母さん・・・
お母さんに見せてあげたいな・・・と思うのです。

この瞳の輝きは、やがて大人になった時の原動力になる・・・
だからたくさん、たくさん、輝いてほしいと願います。


6月18日 小学校で子どもの涙と出会いました・・・
小さな瞳からあふれる涙には、ちゃんと理由がありました・・・
ゆっくり涙の理由を聞きました。
少しだけ笑顔が戻ってしばらくすると大笑い
良かった、良かった・・・

笑ったり泣いたり怒ったり・・・
我慢もするよ
我慢しなくていいときもある・・・
甘えたいときもある・・・
しっかり甘えればいい・・・
色々な感情を表現できるかな?

子どもたちから溢れる感情を大人は、一度受け止めてあげてほしい・・・
繰り返し、繰り返し
そして感情のコントロールの方法を自然に身につけさせる

当たり前のことのようですが
なかなか・・・
子どもは、大人を成長させてくれるんだよね、きっと

感情の表現やコントロールについては、もう少し踏み込んでひとり言したいと思っています。では、では・・・



Secret

TrackBackURL
→http://ashiyaasoboclub.blog106.fc2.com/tb.php/19-42051ebb