FC2ブログ
抱っこできる子どもの時期は、いくらでも抱っこしてあげられる・・・
けれど、たとえば成人になった娘や息子を・・・なかなか抱っこは できないでしょう・・・

親の求める結果や成果に一生懸命堪えようとする子どもであればあるほど

時として心が息切れしてしまうことがある・・・(もちろん、そうでない人もそうでない方が多いかもしれない、だけど・・・)

そんな心が息切れした子どもへのスキンシップの一つの裏技!?を教えていただきました

それが、 “耳かき”

いたってスキンシップの下手な日本人らしい裏技!!
これなら、抱っこできないくらい大きくなってもできる~
え~~!!耳ってあまり“耳かき”しない方がいいんじゃないのと、疑問や意見のある方・・・
いいのですよ~~本気で耳垢を取らなくても・・・
膝の上に頭をのせて“耳かき”のゼスチャーでも
でも、これ急に大きくなった子どもにする訳にはいかないので
子育て中の皆さんに“耳かき”ゼスチャーをおすすめします

幼い頃、お母さんの膝で“耳かき”をしてもらった経験のある方ならお分かりでしょう~
あの、温かさと心地よさ
また、“耳かき”してあげたことのある方は、お分かりでしょう~
心がゆったりしている時しかしてあげれない


これは、『親と子のメンタルヘルス』という演題で 廣木克行 氏のお話の中から私がピン!!ときた“耳かき”のすすめ
神戸大学の名誉教授であられ 長きに渡り臨床教育学を研究なさっている先生のお話から“耳かき”のお話だけをクローズアップするのは失礼かと存じつつ・・失礼しちゃいます
しかし、講演の中で真剣にこのような話がでるのは、親の求める成果や結果に堪えようとしてある日、心が息切れしてしまう大きな子どもがいかに多いか!!と、いうことでもあるのです。
皆さんに何度も何度でもでも急がない、あわてない!!と、そして子育て特に家庭教育では、成果や結果を求めることだけにとらわれず、日々の人の人としての営みを静かに伝え育てていただきたいと願います。それらは、あしやあそぼくらぶの一番伝えたいことです。

心が息切れした時にも良いコミニケーションにもなるとは思いますが・・・
私は、ひょっとしたら心が息切れしないためのお守りになるかもしれないなあ・・・と、思いました
だから、“耳かき”のすすめです!!
だけど、くれぐれもデリケートな耳の中!!ゼスチャー程度にお願いしますね


お母さんのお膝は、あったかい♪でも、赤ちゃんは、耳かきダメよ!
子どもさん、まだ耳かきできないママは、パパの耳かきしてあげてね♪
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

Secret

TrackBackURL
→http://ashiyaasoboclub.blog106.fc2.com/tb.php/162-cc03a993