FC2ブログ
昨日、ウォーキングがてら歩いて買い物に行くと偶然、担当学年ではない生徒に会いました。
生き生きと家族で自転車をこいでいます。
三人兄弟の一番上のようでした。
自信たっぷりに自転車をこいでいる姿は、学校で見る少し自信なさげな様子は、見当たりませんでした。
(担当学年では ありませんのでこの生徒をよく知って入る訳ではありませんが・・・)

私は、できるだけ多くの子どもに声をかけるようにしています・・・。
どの子どもも自信を持って学校生活を送ってほしいと感じています。

子どもたちは、家と学校と
ほとんど変わりない子どももいますが
中には、親御さんの全く知らない姿も時として見受けられることがあると思います。

今、私が見る彼女は、こんな風に自信たっぷりにお姉ちゃん役を発揮しているのに・・・


子どもは、学校で頑張っているのだなあと思います・・・。

時に・・・
我慢することも
傷つくことも
心の行き違いも
嬉しいことも
悲しいことも
それらすべて些細なことであったとしても・・・

子どもたちは、たくさん、たくさんの機微を経験しているのです。
もちろん、それらの機微を感じることは大切なことです。
でも、私は、色々なことが学校で起こったとしても
自分自身を出し切れていない子どもがいるとしても

あ~今日も楽しかった
と、校門を出てほしいと思っています。
三学期が始まりました
多くの笑顔に会えますように・・・微力ながら頑張りたいと思っています。

ご家庭では・・・子どもが眠りにつく時に
あ~今日も楽しかった
と、心から安心してお布団に入れますように・・・

お母様、お父様 どうぞよろしくお願いします

今日もポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
Secret

TrackBackURL
→http://ashiyaasoboclub.blog106.fc2.com/tb.php/139-2bb467eb